新着情報

2015.09.26

灼熱の夏をじ~っと耐え、しっかりと受けた太陽の恵み、大地の稔がはじけます。今年はどんな稲穂たちなのでしょうか、ほくほくとした甘さの腕白小僧、ほんのり甘い内気な少女、落ち着いた甘さの優等生・・・。

味わいながら思い描いてください、稲穂たちの黄金色の頭、色艶を育んだ実りの郷の風景を、ふるさとの情景を・・・、白馬三山を見上げる里、四ヶ庄平より

2015.09.13

稲刈りを始めたいが天気が良くない、酒米を早く刈りたいが、弱ったことだ。

この遅れが後ろにどんどん響く、雪空を控え、稲を刈るような状況が想像出来る。いつも気候には悩まされる。これも温暖化のせいか。

2015.09.02

まもなく稲刈り、収穫時が近ずいていますが、ここにきて天気が悪い、今から秋雨前線がていたいしているから、通りすぎると良くなるかな、秋は天気しだい、

スムーズにいってほしい。

ページトップへ